爪水虫薬クレナフィン
爪水虫とは

爪水虫とは?

爪水虫とは白癬菌という真菌(カ

ビ)が原因です。主に足や手の水虫が放置された結果爪にまで広がったものです。
痛みやかゆみで困る事があひませんので気にされない事が多いものですが、体のほかの部位や家族などまわりの人にもうつる事や、逆に他の人からもらっている可能性もあります。


爪水虫の治療

爪水虫の治療とは?

今までは飲み薬による治療が主に行われていましたが、肝臓などへの負担や他のお薬との飲み合わせもあり、すべての患者様が治療をうけられる状況ではありませんでした。
また、液体や軟膏のお薬を爪に使用されている患者様もいらっしゃいましたが、残念ながら爪水虫によく効くとは言えませんでした。

クレナフィン®爪外用液とは?

クレナフィン®爪外用液 2014年に科研製薬株式会社から発売された爪水虫に対する国内唯一の外用薬で、安全かつ外用で有効性が期待できる新たな治療薬です。







クレナフィン効き目

クレナフィン®は何故きくの?

クレナフィンはケラチン(爪の成分)との親和性が低く、爪での透過性に優れているので、爪の中(爪甲)や爪の下(爪床)での高い抗真菌活性を発揮します。
また薬剤ハケと一体型のボトルで、薬液を爪面に容易に塗り広げることが可能です。


クレナフィン®の使用方法

クレナフィン使用方法 爪およびその下の皮膚に薬剤が行きわたるよう皮膚との境界部も含め、1日1回爪全体に十分に塗布します。
刺激を感じる事があるので、皮膚についた薬液はふきとります。





担当医へご相談ください
Copyright © Fukunagakinen Clinic. All Rights Reserved.