内視鏡検査

鼻から行うやさしい内視鏡検査



通常、上部内視鏡検査は口からチューブを挿入する「経口挿入」という方法により行われますが、チューブの極細化により、鼻からの「経鼻挿入」もできるようになりました。チューブの挿入部がのどを直接刺激することが少ないため、おう吐が起きにくく、検査時の負担が軽くなります。

鼻から行う内視鏡検査の特長

【Point1】負担が少ない
内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さ。従来の内視鏡と比べて、大幅な細径化を実現しました。
【Point2】おう吐が起きにくい
鼻から行う内視鏡検査は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。
【Point3】検査中に会話ができる
鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と会話ができます。気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。
Copyright © Fukunagakinen Clinic. All Rights Reserved.