アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは日本皮膚科学会によると、良くなったり、悪くなったりを繰り返す湿疹が主にみられる病気で、多くはアトピー素因(ご家族様にも同じご病気をお持ちの方がいたり、ぜんそく、花粉症など)を持つとされています。
湿疹はカユミと赤み、ジクジク、ブツブツ、ザラザラなど様々で、おでこ、目のまわり、口のまわり、くび、肘・膝・手首などの関節周囲、背中やお腹などに出やすく、左右対称性にみられます。
この状態が長く繰り返えされると皮膚が硬く、また所々シコリになります。
また、乾燥もよくみられます。

アトピー性皮膚炎の治療

当院ではアトピー性皮膚炎診療ガイドラインに沿った治療を行っております。
正しい診断と、現在の重症度の評価を行います。
また、採血や問診などでその原因や悪化因子の検索も行います。
治療は主に塗り薬や飲み薬などで行い、症状により適宜強弱や使用量の調整を行います。
治療効果は患者様自身の症状や、定期的に採血をする事により客観的に評価する事ができます。


皮膚科診療メニュー(皮膚科専門医による診療)
じんましん  にきび  ヘルペス
乾癬  アトピー性皮膚炎  いぼ
水虫  できもの  かぶれ
うおのめ・たこ  やけど  薄毛・脱毛
ホクロ
アイクリア  爪水虫  ピーリング
炭酸ガスレーザー
Copyright © Fukunagakinen Clinic. All Rights Reserved.