• 福永記念診療所トップページ
  • 内科診療
  • 皮膚科診療
  • 自由診療
  • スタッフのご紹介
  • アクセス案内

10月以降の当メニューのご予約は、一時休止させていただきます。
再開になりましたら「お知らせ」にてご案内させて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますがご了承ください。

Qスイッチ アレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザーとは

Qスイッチとは、Quality Switchingの略語で瞬間的に強い光エネルギーを解放させる機構です。
レーザー光の発振を制御するシャッターを1億分の1秒単位の電気信号で動作させているため、レーザーパルスは極めて短時間となり、ターゲットに対して衝撃波をもたらします。同時に、周辺正常組織への熱ダメージを最小限に抑えることができます。
アレキサンドライトは、「周辺組織にはダメージを与えずに標的となる組織のみを選択的に破壊することができる」という理論ら基づき、メラニン色素を選択的に破壊し、深達性に優れた波長755nmを持っています。
これにより、しみ・皮膚良性色素性疾患に対して、きめの細かい、より洗練された治療を行うことが出来ます。

合併症が少ない最良の波長と優れた深達性

ALEXLAZRの持つ755nmの波長は、Selective Photothermolysisに基づきメラニン色素への吸収度が高いのが特徴です。表皮、真皮層内にある過剰なメラニン色素に対して至適で選択的なダメージを与え、破壊します。
またルビーレーザー(波長:694nm)に比べ合併症が少なく皮膚深達性にも優れており、真皮層まで深くレーザー光が到達し、皮膚深部にある過剰な標的色素を効率良く除去します。
一方、ヤグレーザー(波長:1064nm)よりもメラニンの光吸収度が高い為、組織内のメラニン色素に対して、より選択的な効果を与えることができます。

使いやすい光ファイバーと選べるハンドピース

ALEXLAZRは、安定した均一なレーザービームを伝達するのに適した、レンズ結合型光ファイバーによる導光形式を採用しています。純度の高いグラスファイバーを使用することで、レーザー先端部のビーム形状が均一となります。出力バランスの良いレーザービームにより、効率ムラの少ない満足のいく治療結果を得ることが出来ます。 ハンドピースは口径2mm、3mm、4mmの3種類があり、患部の大きさによって選択できるようになっております。

照射面積と費用
症例
症例
症例
Copyright © Fukunagakinen Clinic. All Rights Reserved.